ビーグレンは体のサイクルにあわせたスキンケア

ビーグレンは体のサイクルに合わせたスキンケア方法です。体をコントロールする自律神経は昼間は活発になりさまざまな肌のストレスを生じます。夜間は寝ている時間に肌が生まれ変わる時間帯なので肌作りには最適な時間です。この体のサイクルを上手に利用してビーグレンは肌のスキンケアを行います。自律神経は交感神経と副交感神経の対象的な2種類の神経に作用され自分の意志ではコントロールする事ができません。春に自律神経が乱れやすくなるのは引越しや進学、就職などの環境の変化や天候や気温差などの変化によるストレスで自律神経が乱れやすくなります。自律神経の乱れがニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブルの原因になります。肌トラブルを防ぐためには自律神経を意識したスキンケアが大切です。ビーグレンは肌のトラブル状態に合わせた適切なお手入れを行います。朝と夜ではお手入れの方法が異なります。乾燥肌の朝のスキンケアは化粧水を浸透させることで十分な保湿効果、夜は半身浴などで体の疲れをとり弾力ある肌を維持できるようにします。ニキビ肌は朝の十分な保湿で昼間の刺激を避け肌を守る事ができます。夜は早めに休み睡眠を十分とるようにします。自律神経を整えるにはライフスタイルを見直す事も大切です。日々の生活の中で朝と夜の自律神経の切り替えを上手にできるようにします。夜は副交感神経の働きを高める事ができるような睡眠がとれるように心がけます。就寝前には脳を刺激するような事は避ける事が大切です。ミルクやココアなど副交感神経の働きをよくするための飲み物も効果的です。朝は太陽の光を浴びて体内時計をリセットすると交感神経と副交感神経をスムーズに切り替える事ができます。