脱毛注意点:キッズ脱毛後のスキンケアについて

小さい子供だって脱毛したい。というよりもムダ毛に対するコンプレックスは大人よりも、小さな子供の方が大きいのです。まだ知識の乏しい子供がカミソリや毛抜きなどを使って間違ったスキンケアをすることで、とりあえずその時だけムダ毛はなくなっても、肌がボロボロになんてことにもなりかねません。そんなことにならないように登場したのがキッズ脱毛です。まだ体毛が生えそろう前、しかも肌が弱い状態でもできるのがキッズ脱毛なのです。
キッズ脱毛は通常の脱毛よりも効果が弱いです。というのは肌が弱いために強い光を当てられないからです。ただ、サロンによっては黒い色を熱で焼くという光脱毛とは違った仕組みをとるところもあり、それであれば効果が弱いということはないようです。
そんなキッズ脱毛における脱毛注意点について説明します。まずは何といってもスキンケアの重要性です。脱毛後の肌は乾燥します。大人でさえ乾燥するのに、まだ未熟な子供の肌はさらに乾燥します。そこで保湿ケアは欠かさないことです。まだ顔のスキンケアの習慣がないお子様にとってこれは面倒かもしれませんが、スキンケアを怠ると肌荒れする恐れがありますし、次の施術が受けられない可能性もあるのです。お子様がスキンケアを忘れがちであれば、お母様などのご家族が声をかけてあげてもいいかもしれません。
また脱毛注意点として、調子の悪い日の照射は控えることです。調子が悪いときは肌の調子も悪いです。つまり通常なら問題ない照射も、この時は肌への大きなダメージとなる可能性があります。それを防ぐため、風邪などで直接肌には影響なさそうな時でも照射は控えた方がいいでしょう。
また施術期間中の日焼けはNGも脱毛注意点の一つです。光が黒い色に反応するため、日焼け肌では肌に反応してやけどの恐れがあるためです。